開発ワークフロー NO:3

当然のことながら、ボンネット先端のラインが現行スピンドルグリル上部

と合わないので、ライン合わせのためのパーツ部を造形。

 

 

 

 

 

 

ピンピンだった角のエッジを仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

Posted on craftech カテゴリー: レクサスRX, 車種, 開発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*