開発ワークフロー NO:3

当然のことながら、ボンネット先端のラインが現行スピンドルグリル上部

と合わないので、ライン合わせのためのパーツ部を造形。

 

 

 

 

 

 

ピンピンだった角のエッジを仕上げます。