開発ワークフロー NO:4

クレイ造形が完了後、石膏にて型を取ります。

その後、FRPを積層するのですが、表面が石膏ですと、型に張り付いて

型から抜けなくなりますので、張り付かないように薄い膜になる液体(緑色)をガンで吹き付けます。

石膏型から脱型したマスターモデルです。

ここから、表面処理をしていきます。

表面処理して、そのまま一方向で抜けない部分を分割するため

板などで仕切ります。

その後、WAX、離型剤を塗布します。

 

Posted on craftech カテゴリー: 開発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*